千葉県に旅行なら九十九里

海辺のくつろぎの宿 ぎょうけい館

ご夕食は海鮮炭火焼き会席コースまたは会席料理コースよりお選びいただけますので御予約時にお選び下さい。ご指定がない場合は会席料理コースとさせていただきます。お部屋は和室で海が一望できます。
ご夕食会場は海鮮炭火焼き会席コースはお座敷のレストラン、会席コースは食事部屋出し、但し朝食は食堂となります。 天然温泉の露天風呂より海が一望できます

天然温泉の大浴場からも太平洋が一望でき水平線から昇る日の出がご覧いただけます。

十二月から二月は地元の潮騒河豚のちり鍋をお召し上がりいただけます。


九十九里浜(くじゅうくりはま)は、千葉県房総半島東岸にある刑部岬と太東崎の間の、旭市飯岡から一宮町東浪見までの、太平洋に面している約60キロの海岸。日本の白砂青松100選と日本の渚百選に指定されている。

古名は玉浦(玉の浦)であるが、源頼朝の命で6町(1町は約109メートル)を1里として、1里ごとに矢を立てたところ99本に達したという伝承から「九十九里浜」と言われるようになったとの説が有名で、中央とされる山武市蓮沼地区には箭挿(やさし)神社がある。またその故事に因んで、旭市に矢指浦の別称がある。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。