北海道旅行・知床にいこう

国道334号線(知床横断道路)の、ウトロ(斜里町)と羅臼の間にある峠。頂上の展望台に立つと、目の前に羅臼岳、羅臼側には国後島を望むことができます。とりわけ、羅臼岳の雄大な姿は、そのまま切り取って額に飾りたくなるほどの美しさ。日本一開通期間の短い国道です。


知床五湖は、深い原生林に抱かれた溶岩台地にある5つの小さな湖の総称が知床五湖。遊歩道でめぐるそれぞれの湖に固有の名称がなく、時計回りに第一湖から第五湖までの番号で呼ばれる。遊歩道入り口から五湖1周で約1時間。貴重な野生生物が多く生息するので、利用制限や閉鎖もあるが、駐車場の近くには展望台もあり、ここからの眺めも絶景だ。


知床にはカムイワッカ湯の滝があります。
硫黄山の中腹から湧出した温泉が流れ落ちる滝。川をさかのぼると、滝壷がそのまま天然の露天風呂になっている。設備などのない豪快な秘湯で、水着着用で行くのがベター。なお、知床林道は補修工事のため一般車両の通行は禁止だが、夏期はカムイワッカまでのシャトルバスが運行予定。
タグ:北海道旅行

流氷と旭山動物園にいこう

大人気の旭山動物園へ行けるよくばりなツアー!宿泊は初、最終泊はJR札幌駅近のセンチュリーロイヤルホテル、2泊目は網走グランドホテル、3泊目は阿寒の森ホテル 花ゆう香すべてホテル指定プランです!2日目から4日目は道東観光バス付(SBライナー利用)。


流氷は、とっても気まぐれなんです。毎日 オホーツク沿岸の流氷は表情を変えます。


つまり 昨日網走港一面に 流氷がひきつめていた状況だったからって 翌日も流氷が滞在しているとは限りません。


昨年2006年の網走の流氷初日は、1月23日 2005年は 1月26日 写真のような流氷が現れるのは毎年2月なんです。また昨年は3月中旬以降 流氷はほとんどその姿が見られませんでした。 同じオホーツクの海でも 紋別や知床とはその状況は変わってきます。毎年 流氷の遭遇確立が高いのは、断然2月から3月上旬なのです。
タグ:北海道旅行

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。